忍者ブログ
「真我開眼、修せざるは衣裏の宝珠」誰もが自分の中に宝を持っている。師は私に「柳は緑 花は紅」という言葉を贈ってくださいました。この言葉を胸に人生精進します。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

障害者スポーツ選手等に対する義援金の設置について
このたびの東日本大震災において、津波被害によって競技用の車いすや用具すべてが流失した、障害者スポーツ用具などが破損したなどの報告を受けています。

 また、原発事故で避難を余儀なくされ、県外に施設ごと移動した知的障がい者入所施設のみなさんが、県外の慣れない土地でも慣れ親しんだスポーツができるようにフライングディスクの用具などを送ってあげたいです。いつかスポーツをするゆとりができたら、福島県でスポーツ活動をしていたことを思い出し、みんなの明るい笑い声と笑顔が戻るようになればいいと思いました。

 そこで、こうした被災された個人に対し競技を継続できるよう救済できないか上司に相談しました。本来であれば私の勤務先であるスポーツ協会が補助できればいいのですが、財政難に加え、当協会も相当な被害が出たこと、さらに県の補助金はすべて災害対策費になってしまうとのことで財源確保ができません。
 それに今回は福島県だけでなくお隣の宮城県、そして岩手県など東北の仲間たちも被災しています。協会の財源だけだと県内在住とか狭い範囲になってしまうので、それなら被災した東北の障害者アスリートに直接支援ができるように「障害者スポーツ選手等に対する義援金(仮称)」を設置し全国に呼び掛けようとなりました。

 一般的な義援金は、競技用までは見てくれないと思います。こんなときにスポーツの心配かよ!と思われるかもしれません。でも、障害のある人たちにスポーツを継続してもらいたい、障害者スポーツは重要というのは言うまでもありません。

 被災者もいますぐは無理でも、いつか気持が落ち着いてスポーツがしたくなったとき、用具や競技用がないことで諦めてほしくないと思いました。
 被災者が一歩ずつ前進するなかで、障害者アスリートもいつかはスポーツをしたいとなるはずです!その時に用具がない競技用の車椅子が作れないからもうやめるといった状況はなくしたいと思いました。


 競技用の車椅子も作るのに何カ月もかかりますし高価です。全額支援はできないかもしれませんが、多くの方のご支援を呼びかけて、競技に復帰できるようにできるだけサポートしたいと思います!

 現在、相談窓口や口座開設、税制上の手続きなども調べています。福島県、岩手県、宮城県で被災された障害者スポーツ選手で、震災や津波の被害によって競技用の用具が流失してしまった、壊れたなど被害に遭われた方がいずれ競技に復帰できるように支援できるようにがんばります!


 なお、義援金の受付に関しましては、おって詳細を掲載いたしますが、これをご覧になった方、ぜひご協力をお願いいたします。

そして該当される方がおりましたら情報もお願いします。

電話024-521-7170 FAX024-521-7929 被災情報専用メール fsad2011@gmail.com
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 213 | 212 | 211 | 210 | 209 | 208 | 207 | 206 | 205 | 204 | 203 |
プロフ
HN:
Meg3
性別:
女性
職業:
カリスマオフィサー
趣味:
photo(Canon EOS user)
自己紹介:
出身・在住 福島県
幼少はオルガン・書道・バレエと文化系で体も弱く運動が苦手でした。小学3年で担任の先生にテニス・卓球などいろ②教えてもらいスポーツ少女へ。小4でバスケに出会い高校までバスケをしていました。
平成2年6月車に飛ばされ車椅子になりましたが、車椅子になってもバスケットボールができることを知り、いまだ現役で選手やっております(*^^)v

1999年三上監督率いる女子車椅子バスケットボールチームは福島大学人類文化白石先生のメンタルトレーニング指導を受け、2000年シドニーパラリンピックでは目標どおりの銅メダルを獲得しました。
※白石豊先生は、福島大学教授。メンタルトレーニングの第一人者。ゾーン、ゴールデンエイジなどの言葉を生んだ方です。門下生には、日本人女性初のWNBAプレイヤー萩原美樹子氏、バンクバーオリンピックスピードスケートパシュート銀メダリスト田畑真紀選手、元日本ハムファイターズコーチ白井一幸氏、FIBAワールドカップ南アフリカ大会日本代表岡田武史監督など、著名な方々を多数みてらっしゃいます。

経歴:
1992年3月車椅子バスケットボールを見学、以後半年以上ただ見学。
1992年9月福島県身体障害者スポーツ協会主催の車椅バスケットボール教室にて三村一郎先生(現長野県障害者スポーツ協会理事長)と出会い選手の道へ
1993年1月JWBF選手登録
1994年ゴールドカップストークマンデビル大会代表デビュー(7位)
1996年アトランタパラリンピック出場(5位)
1998年ゴールドカップシドニー(4位)
2000年シドニーパラリンピック(銅メダル)
2002年ゴールドカップ北九州(4位)
2004年アテネパラリンピック(5位)
2005年腰椎の疲労骨折により代表引退
2008年北京パラリンピック(4位)代表復帰
2010 ゴールドカップ バーミンガム代表(7位)
2011 ロンドンパラリンピックAOZ予選(3位)
2015 リオパラAOZ予選(3位)
2015 現役引退
職業:団体職員
(公財)福島県障がい者スポーツ協会

役職:
(一社)日本パラリンピアンズ協会理事
福島県障がい者スポーツ指導者協議会事務局
福島県障がい者スポーツ支援ネットワーク理事
ふくしまchallenged sports club代表
特技:車椅子バスケットボール

趣味:美味しいものを食べ歩き、カメラ(Canon 7D user)

研究:

著書:

一番好きな曲:What A wonderful world.

家族:チャアコ,マーレ,バディ(dog's)メソ,ゴマ,アテ,モコ,アイナ,ニャークロ,グランディス,アバレンボウ,ギントキ,ロング,アメニ,ジンジャー,モウ(cat's)カーコfamily&チュンチュコチュンfamily(bird's)

※ブログ上の文章・画像について、許可なく転載禁止でございます☆
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
イイネ♪
松本紀生著書
アラスカで出会った写真家松本さん、マッキンリーでカマクラ掘ってオーロラを撮り続けています。
Amazon送料無料
カウンター
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny