忍者ブログ
「真我開眼、修せざるは衣裏の宝珠」誰もが自分の中に宝を持っている。師は私に「柳は緑 花は紅」という言葉を贈ってくださいました。この言葉を胸に人生精進します。
ノースアメリカンカップ
行ってきましたアメリカへ~

県の最大行事を抜けて、、心苦しい気持ちでいっぱいでしたがこれも仕事のうちということで切り替えて行ってまいりました

でも、指導員のみなさんほんとにほんとにごめんなさいーー



会場はアメリカアラバマ州 バーミンヘムにあるレイクシュア財団の施設 日本で言えば国立リハビリテーションセンターのような施設

ここでルーズベルトカップを終えた アメリカ、ドイツ、カナダ、イギリスとノースから参加した日本の五カ国対抗戦。日本以外の4カ国はルーズを終え、移動してのタフなスケジュールでした。

世界選手権を7月に控え、ようす見&試すにはちょうどいい大会

日本のメンバーは、故障者1名が日本でお留守番のため不参加、で11名で参戦。

初戦のドイツ戦は、はじめは接戦、第3・4とじわじわとまくられるいつものパターン勝てそうなのになー
いや、勝てる!次は必ず勝つのだ!

GB戦は、危うくもなんとか1点差で勝利GBあたりにはもうすこし自分たちのバスケを十分に発揮して勝てないといけないのに、、、。おもしろくねー

カナダ戦は1点差で負け

アメリカ戦はダブルスコアでけっちょんけっちょんにやられた。やつらのディフェンスは日本では味わえないほど、嫌になるほどアクセルポジションをずらせないきしょー
たいしたディフェンスじゃないだろうと言われましたが、、、すみません、そのたいしたディフェンス抜けなくて。。もっとがんばりまーす。

結局、全勝のドイツが順位決定をせずに帰国するとのことで、繰り上げ順位でカナダと再戦し勝利
このカナダ戦もみんな集中できなくてリズムに乗り切れなくて、どうすっぺ?って感じでしたが、選手は一生懸命やってました。ハーフが終わって、選手間で第3Q途中にとある作戦を思いつきそれが決行され、これが功を奏し、逆転に成功!
久しぶりにベンチ選手とコートの選手が一体となったチームでの勝利でした☆★
後半の選手はコート内に集中できいつもどおりの動きができたいい試合だったんでファイナルへ進めた

まぁ、自分の反省点は、この2年間、怪我やさまざまな諸事情により練習をしていなかったので北京に比べればだいぶ落ちていて、なんとかここまで持ってきた感じだった。しょうじき世界選手権は半ばあきらめかけていた、チームジャパンのために仕事ができるだろうかと悩んでいた。
しかし、ロンドンパラまでにピークを持っていき、チームジャパンのために仕事をするためにしっかり現実に目を向けて挑戦しようと決めた。だからしっかりせねばと決めたのだ

ジムまでの移動時間がもったいないから、空いてる部屋に機械入れてトレーニングルームにすることにしよう

ノースアメリカは結果は2位で聞こえはいいけど、内容は良くなく、反省が多かった。ファイナルは47点差も付けられて大敗以外のなにものでもなかった。経験してよかったとはいえ、あれほどの差がついたのはちょっとショックだった。けどこれが現実、いまの実力・・課題が見つかってこれからますます強くなれるという遠征でした。

自分の反省つづき、、で、すべての試合をとおして言えることは、指示がいっこいっこネガで細かくて、失敗すると切り替えたあとも、ずーーーとコートサイドで名前を連呼され、失敗をずーーっと言われ「切り替えてディフェンスしなきゃ、気にすんな」と言い聞かせていたけど、すでにこう思っている時点で試合に集中できなかったっていうこと。ああいうのを気にしなく切り替えられないといけないなーと反省しつつも、なんだかいままでにない経験だったんで若干パニー二な状況だったね。
メンタルトレーニング的にはマイナス要素が多かった。言葉かけってだいじよね。ってあらためて思った。
かける言葉によって選手のパフォーマンスが下がったり、逆に良くなったりするんだもん
コーチの指導等に対し、批判しないという誓約書にサインをしているので、これは批判でなく反省と感想と事実ね。
これを批判ととって代表降格した日には、スポーツ仲裁機構に本気で異議申し立てするね。

まー、とにかく言われる自分がだめだめなんだ言われないようにするっきゃないよっしゃーやるぞやるぞ練習するぞーほんと未熟だわ自分・・・
そして、ロンドンまでメンタル日記書いて白石先生に報告しよー

報告書にも書く予定だけど、誓約書に基づき報告書にも批判しないように最後に念を押されての解散だったので、なんだかなーとすっきりしなかった。批判はないけど、なんだか残念な気持ちで岐路につきましたね。もっと信頼してほしいな選手を、うちらは信頼してんだけど
あれはいただけなかった☆

批判しないということの誓約に関して、外部から批判されたりしないか心配です。
ふつうに選手はコーチを信頼してるから招集にも応じてチームジャパンのために仕事をしようと集まってきてるんで、別に批判しようなんて微塵も思ってないんだけど。てか、そうゆうレベルの選手の集まりじゃないから!勝つためのチームでそんな文句ばっか言ってるのは代表になれないから☆

まぁ、誓約書の意図することはわからないけど、これがあと後チームにとってブレーキにならないといいな。
ちなみに誓約書は批判しない以外に、代表としての自覚を持って~とか書いてあったような気はしますが、なんせ提出してしまったので中身を覚えてないんですよねー写しでもくれないかな☆
おとなって大変☆よくわからんけど

他の競技でも誓約書とか書いてるんですか??まあ、ビジネスライクで考えれば契約と思って、深く考えずにぱっぱとサインして処理しましたが。いろんなところでいろんな話を聞いちゃうと、却ってよくなかったのではと思いますね。みなさんはどう思います?

ま、ぶつくさとネガな独り言もこの辺にして、ポジなことも書いちゃいますか

まずは久しぶりに「世界の上村知佳」が代表復帰&「ジャパンのキムタクことソエダーマン」がリニューアルして新登場したこと

この二人はシドニーでメダルを取ったときの主力でいわゆる古いお付き合い
言わば、うちらって女車バスのシーラカンス的な存在

知佳さんはシドニーで得点王に輝いた世界のキング(女だけど)で角刈り(女だけど)
まだ絞り切れてないので、スピードは遅くてバックピックの餌食だけど、ポジションを取ったら最後、いいシューターだやっぱりこれからの知佳さんがすっごく楽しみ☆

そしてダーマンもここ数年、へんてこな車椅子に乗って動けてなくて、頭はいいし、バスケをわかっているのだけにちょっとスランプ状態でちょっとふてくされ気味だったけど、車椅子を低くし、背伸びをやめて新登場したら・・・いい
このダーマンは、初めてみたときから世界でもっとも巧くなる可能性のある選手と思っているので、ぜひ今後のダーマンの活躍に期待をしてね。

いま、ジャパン女子はアラフォーが熱い若けりゃいいてもんじゃないのさ ふっ・・・

二人ともアイラブユーだぞー

そして、うちのキャプテンがじつにいいローポインターって頭いいんだけど、別格だね

セレブゆみも安定してきたし☆あとはクラス2見てるかー
かなりがんばってくれよ

おれっちもがんばるからさ

ほかの選手も個性的で、一緒にプレイができて実に楽しくなりそうだ

しかし、まずは楽しみよりもこれから勝って楽しくなれるように、しっかりトレーニングしたいと思います。

いずれにせよ海外遠征はいい収穫があって、レベルアップできます☆派遣していただきありがとうございました☆
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 |
プロフ
HN:
Meg3
性別:
女性
職業:
カリスマオフィサー
趣味:
photo(Canon EOS user)
自己紹介:
出身・在住 福島県
幼少はオルガン・書道・バレエと文化系で体も弱く運動が苦手でした。小学3年で担任の先生にテニス・卓球などいろ②教えてもらいスポーツ少女へ。小4でバスケに出会い高校までバスケをしていました。
平成2年6月車に飛ばされ車椅子になりましたが、車椅子になってもバスケットボールができることを知り競技の道へ。

1999年三上監督率いる女子車椅子バスケットボールチームは福島大学人類文化白石先生のメンタルトレーニング指導を受け、2000年シドニーパラリンピックでは目標どおりの銅メダルを獲得しました。
※白石豊先生は、福島大学教授。メンタルトレーニングの第一人者。ゾーン、ゴールデンエイジなどの言葉を生んだ方です。門下生には、日本人女性初のWNBAプレイヤー萩原美樹子氏、バンクバーオリンピックスピードスケートパシュート銀メダリスト田畑真紀選手、元日本ハムファイターズコーチ白井一幸氏、FIBAワールドカップ南アフリカ大会日本代表岡田武史監督など、著名な方々を多数みてらっしゃいます。

経歴:
1992年3月車椅子バスケットボールを見学、以後半年以上ただ見学
1992年9月福島県身体障害者スポーツ協会主催の車椅バスケットボール教室にて三村一郎先生(長野県障害者スポーツ協会理事長)と出会い選手の道へ
1993年1月JWBF選手登録
1994年ゴールドカップストークマンデビル大会代表デビュー(7位)
1996年アトランタパラリンピック出場(5位)
1998年ゴールドカップシドニー(4位)
2000年シドニーパラリンピック(銅メダル)
2002年ゴールドカップ北九州(4位)
2004年アテネパラリンピック(5位)
2005年腰椎の疲労骨折により代表引退
2008年北京パラリンピック(4位)代表復帰
2010年ゴールドカップ バーミンガム代表(7位)
2011年ロンドンパラリンピックAOZ予選(3位)
2015年リオパラAOZ予選(3位)
2015年現役引退
職業:団体職員
(公財)福島県障がい者スポーツ協会

役職:
(一社)日本パラリンピアンズ協会理事
福島県障がい者スポーツ指導者協議会事務局
福島県障がい者スポーツ支援ネットワーク理事
ふくしまchallenged sports club代表
特技:車椅子バスケットボール
趣味:美味しいものを食べ歩き、カメラ(Canon 7D user)

一番好きな曲:What A wonderful world.

家族:チャアコ,マーレ,バディ(dog's)メソ,ゴマ,アテ,モコ,アイナ,ニャークロ,グランディス,アバレンボウ,ギントキ,ロング,アメニ,ジンジャー,モウ(cat's)カーコfamily&チュンチュコチュンfamily(bird's)

※ブログ上の文章・画像について、許可なく転載禁止でございます☆
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
イイネ♪
松本紀生著書
アラスカで出会った写真家松本さん、マッキンリーでカマクラ掘ってオーロラを撮り続けています。
Amazon送料無料
カウンター
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny