忍者ブログ
「真我開眼、修せざるは衣裏の宝珠」誰もが自分の中に宝を持っている。師は私に「柳は緑 花は紅」という言葉を贈ってくださいました。この言葉を胸に人生精進します。
この道をゆけばどうなることか





ひさしぶりに行きました。






この坂

ここの坂とは20年の付き合い







県内あちこちさまよいこの坂をみつけました。









なぜ坂を走るか?






それは20年前、車椅子バスケットボールを始めたころ、当時クラス3では日本一のテクニックを持つ素晴らしい選手がおりまして





その方が車椅子バスケットボールにはスピードが大切スピードがあれば誰よりも先にボールを触れてコントロールできるだろ?




とご指導いただきましたのがきっかけでございます。






その方からプレゼントされたのが紐付きのタイヤ







そして坂トレのアドバイス







その方はいまでも関東ナイツで現役でやっております(^-^)







ここまで言えば誰かわかると思いますが





はい、萬崎さんです。







で、萬崎さんと、萬崎さんを手本としていた、チームアースの遠藤代表、ワールドの辰巳さんを真似ていまの私のプレイスタイルがあります。







私のカットインからのゴール真下のレイアップとバックシュートは遠藤さんの真似っこ






私のナイスパス(自分で言うなって?笑っ)は萬崎さんの真似っこ






自宅の駐車場の壁にむかって一日3000本のチェストパス







そして総体的な動きはワールドの辰巳さんの真似っこです。






お手本三人衆です。





いままでの日本女子、世界の誰でもないプレイヤーになろうと、誰にも負けたくないと貪欲でしたな





いまとなってはレイアップもカットインもバックシュートも女子でも当たり前ですが、当時はいませんでしたね。





もうひとつ萬崎さんではありませんが、車椅子バスケットボールのための秘密のトレーニングを三村先生に教えていただきました。





これさえやればマシントレーニングなんてしなくていい。これをやってさえすれば車椅子バスケットボールはうまくなるという三つのトレーニング




確かにスピードも上がり、シュートも飛ぶようになり、パスも上手になりました。




内容聞いたら




なーんだ




と言われると思いますが





これを毎日暇さえあればやることで、きっと変わることができます。





継続が大事ですがね






坂は何ヵ所かキープし、郡山市にあるお墓の坂は、家族で墓参りをしながらみんなで走りました。




うん、懐かしい






でね、この写真の坂って、上まで2kmあるんです。そのうち走るのは1.2km





残りの距離は車が来るのと石畳なので走りにくいのでいかないのですが。





途中にカーブがあって、そのカーブからさらに勾配がきつくなります。






坂道を降りるだけでも5分ぐらいかかります。






坂道を登りはじめると、いろんな雑念が頭をよぎります。




なんのために坂道上るのかとか






苦しい、止まってちょっと休もうか、いやダメだとか笑っ




1本目が一番きつい






2、3本目は調子上がってきたぜ






4本目 もういいんじゃね?陸上競技でメダル獲るわけじゃないんだし






5本目 無心after抜け殻







そして、最後の5本目はちょっと距離を伸ばしてここにゴールします。

わかります?五輪が両サイドにあります。





頭の中はクイーンが流れてます笑っ






We are the champion~♪





終わった後は見るも無惨な風貌です。





髪は乱れ、きっと目は充血し、きっとヨダレも垂れていることでしょう





でも、アースのチェアスキルよりはマシです。





便器に顔突っ込んだこと数回





でも途中で止めたりしたことはない







本当に死ぬと思った






うん、懐かしい






私にはたくさんのお師匠さんがいます。






手動運転の師匠






パスの師匠





シュートの師匠






チェアスキルの師匠





チェアワーク・コントロールの師匠





ルールの師匠






コンディションとケアの師匠







バスケットボール理論の師匠






仕事の師匠





日常生活身辺自立の師匠






メンタルトレーニングの師匠





そうしたいろんなことを指導していただき実践したからこそ今の自分があります。





感謝のひとことにつきます





ああ、メンタルトレーニングと言えば、気持ちが弱いからするみたいに思ってる人が多いけど、私の場合は違います。





目標にむかうための心の整理としての捉え方です。





言い訳なしでやることやれば、自信と結果はあとからついてくる。





そのやることに対しての順序付けをし、効率よく実にしていくのが私のメンタルトレーニング実践方法





シドニーでメダルが獲れたのも白石先生と萩原美樹子ちゃんの経験談でやること整理して順序よくできたのもありますし





もちろんメダルが獲れたのもそれだけではありませんが





そして何より





スポーツを優先させてもらいながら仕事をして、社会人の経験を積み、バスケットボールだけでなく人間性を磨かせてもらったのも精神的成長に欠かせない大きな要素でした。





楽して金を稼ぐとか





ギャンブルで儲けた金をバスケットボールに使ってはいけない(したことないけど)




とか、女子先輩方たちの教えを忠実に守りましたし、いまも守っています。





そして、その結果がメダルにつながった。





恐らく、社会人としての経験を積まず、楽なことしてバスケットボールだけしていたら





バスケットボールだけウマイだけでは代表になれなかったと思うし、心も強くならなかったと思う。





メダルも取れなかったな





いまの職場18年目となりましたが、いまだにこうしてバスケットボール優先でやらせていただいているのは大変有り難く思っております。




車椅子バスケットボールの合宿は特別休暇、女子日本選手権、国体及び国体予選、海外遠征は義務免





だから、その責務、仕事をし、スポーツをし、果たしています。





福島県の障害者スポーツのロールモデルとして







あの長い坂道を走ると原点回帰しますね。





なんのために苦しい思いをしてまで走るのか





女子合宿より何より辛かった及川時代から10年間のアースの伝統チェアスキル




アレがあったから今がある





そして、アレが全うできたのもこの坂のおかげ




楽だけしては、楽しいだけでは目的は達成されない





それを確認できるのが、この坂かな





明日は復帰後初の公式戦




たぶんヘナチョコだろう





でも、しっかりプレーします。





素晴らしいチーム環境、素晴らしい大会運営を与えていただいているのですもの
PR
| prev | top | next |
| 453 | 452 | 451 | 450 | 449 | 448 | 447 | 446 | 445 | 444 | 443 |
プロフ
HN:
Meg3
性別:
女性
職業:
カリスマオフィサー
趣味:
photo(Canon EOS user)
自己紹介:
出身・在住 福島県
幼少はオルガン・書道・バレエと文化系で体も弱く運動が苦手でした。小学3年で担任の先生にテニス・卓球などいろ②教えてもらいスポーツ少女へ。小4でバスケに出会い高校までバスケをしていました。
平成2年6月車に飛ばされ車椅子になりましたが、車椅子になってもバスケットボールができることを知り競技の道へ。

1999年三上監督率いる女子車椅子バスケットボールチームは福島大学人類文化白石先生のメンタルトレーニング指導を受け、2000年シドニーパラリンピックでは目標どおりの銅メダルを獲得しました。
※白石豊先生は、福島大学教授。メンタルトレーニングの第一人者。ゾーン、ゴールデンエイジなどの言葉を生んだ方です。門下生には、日本人女性初のWNBAプレイヤー萩原美樹子氏、バンクバーオリンピックスピードスケートパシュート銀メダリスト田畑真紀選手、元日本ハムファイターズコーチ白井一幸氏、FIBAワールドカップ南アフリカ大会日本代表岡田武史監督など、著名な方々を多数みてらっしゃいます。

経歴:
1992年3月車椅子バスケットボールを見学、以後半年以上ただ見学
1992年9月福島県身体障害者スポーツ協会主催の車椅バスケットボール教室にて三村一郎先生(長野県障害者スポーツ協会理事長)と出会い選手の道へ
1993年1月JWBF選手登録
1994年ゴールドカップストークマンデビル大会代表デビュー(7位)
1996年アトランタパラリンピック出場(5位)
1998年ゴールドカップシドニー(4位)
2000年シドニーパラリンピック(銅メダル)
2002年ゴールドカップ北九州(4位)
2004年アテネパラリンピック(5位)
2005年腰椎の疲労骨折により代表引退
2008年北京パラリンピック(4位)代表復帰
2010年ゴールドカップ バーミンガム代表(7位)
2011年ロンドンパラリンピックAOZ予選(3位)
2015年リオパラAOZ予選(3位)
2015年現役引退
職業:団体職員
(公財)福島県障がい者スポーツ協会

役職:
(一社)日本パラリンピアンズ協会理事
福島県障がい者スポーツ指導者協議会事務局
福島県障がい者スポーツ支援ネットワーク理事
ふくしまchallenged sports club代表
特技:車椅子バスケットボール
趣味:美味しいものを食べ歩き、カメラ(Canon 7D user)

一番好きな曲:What A wonderful world.

家族:チャアコ,マーレ,バディ(dog's)メソ,ゴマ,アテ,モコ,アイナ,ニャークロ,グランディス,アバレンボウ,ギントキ,ロング,アメニ,ジンジャー,モウ(cat's)カーコfamily&チュンチュコチュンfamily(bird's)

※ブログ上の文章・画像について、許可なく転載禁止でございます☆
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
イイネ♪
松本紀生著書
アラスカで出会った写真家松本さん、マッキンリーでカマクラ掘ってオーロラを撮り続けています。
Amazon送料無料
カウンター
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny