忍者ブログ
師は私に「柳は緑 花は紅」という言葉を贈ってくださいました。あるがままに生きる。この言葉を胸に人生精進します。
あづま球場の記事について

読売新聞福島版にあづま球場のバリアフリーの記事が掲載されました。

誤解なきよう補足をします。記事を見ると「障がい者のための」カラーが濃くなってしまっているので。

これは、単に五輪の地方会場がバリアフリーでないことへの不満を訴えているわけではないのです。遅れているのは事実ですが、そこは特に触れていなくて

この取材は夏の終わり8月に行ったもので、現在とは多少状況が異なっていますが少し補足したいと思います。

また、取材した現場の記者と私たちの考えも限られた文章の中では伝わり切れないこともありますので。

このあづま球場でお伝えしたかったのは、2つあって、1つは東洋大学教授の川内美彦先生がおっしゃるように、障がいのある人だけの目線で観る「バリアフリー」だけではなく、障がいのない人の目線、両方の立場に立って「ユニバーサル」の観点で見ないといけないのでは?と考えています。急速に進む高齢化による高齢者・障がいまではいかないけれど「加齢による足腰に不安な方」、「整形的な疾患をもつ方」への配慮、「子供連れの家族」、「増える大型ベビーカーへの対応」等をする必要があること。そして、この大会開催を一過性のものとするのではなく、五輪大会終了後も甲子園の地区予選やプロ野球の試合など多くの人が球場に足を運びやすくする観る文化を定着させる機会にしたいこと。いわゆるレガシーの部分。その観戦者は多様な人がいて、見た目ではわからない疾患や障がい者もたくさんいて、それぞれが観戦体験の平等を実現できることが大切かと。

6月の日米対抗ソフトボール大会で昇降機が止まった原因は、高齢者が足がしんどいので階段をのぼることが大変だから、「これ(昇降機)があるなら使用させてほしい」ということで使用したことで、想定してされた以上の稼動をしたために止まってしまった現状があります。今後はバッテリー駆動ではなく電気式になるとのことですが、そういうことではないのです。歩行していても階段がしんどい人はたくさんいるのです。そこを理解してほしい。もっと言えば、昇降機5台設置後の年間保守点検の維持費と、エレベーター一基の保守点検代金がさして変わらないこと。その後の運用で5台の昇降機が年間にどれだけ稼動するのかを考えた時に、誰もがいつでも利用できるエレベーターである方が望ましいのではないか。
大会終了後、車いすの人があまり使わなくなり、こんなにたくさん設置して結局使わないじゃないか!とならないように、誰もが使用できる仕様、考えを持っていることが大切だと思います。

 もう一つは、県の担当課・関係課がこうした平成7年以前よりユニバーサルの視点でまちづくりをしてきた中、ここにきてなぜ特定の人しか使用できない「昇降機設置増設なのか?」と疑問に思ったこと。昇降機自体は車いすユーザーにとっては簡易的な措置として便利ではあるけれど、独力で動ける車いすユーザーや介助者(家族、友人、恋人、ヘルパーなど)がいる容易に動ける人たちにとっては、エレベーターや昇降機であれば、自由に自分の意思で動けるものを、昇降機については「係りの人を呼び」、「動かしてもらい」、「人の流れを止める人」、「昇降機を操作する人」など多くの人の手を借りることになります。
 車いすユーザーが障がいのあることを痛感するときというのは、「できていたことができなくなった」、「自分でできるのにできない状況に陥る」ことです。
 これは「障がいがあることで思い知らされる事態」を招くことになる。自立に向けて訓練してきた中で、こうした状況に遭遇するのはナンセンスだと考えています。

 バリアフリーという観点から配慮すべきところは配慮し、ただしそこだけに傾倒するのではなく、ユニバーサルの観点から「誰もが使いやすく、住みやすい社会」両者の視点から行政がそうした考えを持たないと、あづま球場ひとつのことではありますが、まちづくりに大きな影響を及ぼす、「よく考えて」と伝えたかった次第です。


10/15 読売新聞福島版より
PR
| top | next |
| 589 | 588 | 586 | 587 | 585 | 584 |
プロフ
HN:
Mash
性別:
女性
職業:
カリスマオフィサー
趣味:
photo(Canon EOS user)
自己紹介:
出身・在住 福島県
幼少はオルガン・書道などなど文化系で体も弱く運動が苦手でした。小学3年の担任の先生にテニス・卓球などいろ②教えてもらいスポーツ少女へ。小4でバスケに出会い高校までバスケをしていました。
平成2年6月車に飛ばされ車椅子になりましたが、車椅子になってもバスケットボールができることを知り競技の道へ。
1992年車いすバスケットボールを始めました。翌年合宿に招集され94年世界選手権デビュー。96年Atlantaパラリンピックで世界のレベルを知る。
1999年三上監督率いる女子車椅子バスケットボールチームは福島大学人類文化白石先生のメンタルトレーニング指導を受け、2000年シドニーパラリンピックでは目標どおりの銅メダルを獲得。
※白石豊先生は、福島大学教授。メンタルトレーニングの第一人者。ゾーン、ゴールデンエイジなどの言葉を生んだ方です。門下生には、日本人女性初のWNBAプレイヤー萩原美樹子氏、バンクバーオリンピックスピードスケートパシュート銀メダリスト田畑真紀選手、元日本ハムファイターズコーチ白井一幸氏、FIBAワールドカップ南アフリカ大会日本代表岡田武史監督、レッドブルエアレース年間総合チャンピオン室屋義秀選手など著名な方々を多数みてらっしゃいます。

経歴:
1992年3月車椅子バスケットボールを見学、以後半年以上ただ見学
1992年9月福島県身体障害者スポーツ協会主催の車椅バスケットボール教室にて三村一郎先生(長野県障害者スポーツ協会理事長)と出会い選手の道へ
1993年1月JWBF選手登録
1994年ゴールドカップストークマンデビル大会代表デビュー(7位)
1996年アトランタパラリンピック出場(5位)
1998年ゴールドカップシドニー(4位)
2000年シドニーパラリンピック(銅メダル)
2002年ゴールドカップ北九州(4位)
2004年アテネパラリンピック(5位)
2005年腰椎の疲労骨折により代表引退
2008年北京パラリンピック(4位)代表復帰
2010年ゴールドカップ バーミンガム代表(7位)
2011年ロンドンパラリンピックAOZ予選(3位)
2015年リオパラAOZ予選(3位)
2015年現役引退
職業:団体職員
(公財)福島県障がい者スポーツ協会

役職:
(一社)日本パラリンピアンズ協会理事
(一社)日本車いすバスケットボール連盟役員
福島県障がい者スポーツ指導者協議会事務局
福島県障がい者スポーツ支援ネットワーク理事
ふくしまchallenged sports club代表
趣味:美味しいものを食べ歩き、カメラ(Canon 7D user)
一番好きな曲:What A wonderful world.
家族:チャアコ,マーレ,バディ(dog's)メソ,ゴマ,アテ,モコ,アイナ,ニャークロ,グランディス,アバレンボウ,ギントキ,ロング,アメニ,ジンジャー,モウ(cat's),ゴンボ、クロ、シロクロ

※ブログ上の文章・画像については転載禁止です☆
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
イイネ♪
松本紀生著書
アラスカで出会った写真家松本さん、マッキンリーでカマクラ掘ってオーロラを撮り続けています。
Amazon送料無料
カウンター
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny