忍者ブログ
「真我開眼、修せざるは衣裏の宝珠」誰もが自分の中に宝を持っている。師は私に「柳は緑 花は紅」という言葉を贈ってくださいました。この言葉を胸に人生精進します。
琥珀(こはく)
昨日は、役場での用事を済ませ、午後から仕事へ向かいました。




朝もバタバタで、ご飯を食べていなかったので




おいしくて、安くて、太らない食べ物でランチを済まそうと思いながら福島へ向かっておりました。





途中、あれや・これやと考えているうちに




あ!そうだ~、先日の松川第2仮設に寄って行こうと思いたちました。




そういえば、、、ラジオ福島の名物アナウンサーでイタリア生まれのイタリア育ちのイケメンMr.大和田さんに、松川仮設住宅のなかに「琥珀」という食堂があると聞いたので、行ってみよう!



と一人決裁をし向かいました。




松川周辺の4号線は、大雪の名残がまだまだ残っており、仮設住宅周辺も高く積み上げられた雪で閉ざされておりました。




4号線を外れ、道なりに進むと、ガスボンベが何本も並んだ仮設を発見



ここかな?と思い行くと、ビンゴ!でした。




三春町にある葛尾村の仮設住宅のなかにも、「石井食堂」と言う、葛尾村で営業していた定食やさんがあります。




この仮設住宅の食堂も、ガスボンベがたっくさん並んでいたので、





この石井食堂、以前行ってみたのですが、





ラーメンとチャーハン!




と注文したら・・・・



ラーメンは普通の量でしたが・・・・




チャーハンがなんと800g!?




唖然・・・茫然・・・




800gのうち100g程度を食し




「すみません、タッパーください。」



とお持ち帰りしたのでありました。




味は、もちのろん おいしかったです!






さて、話を戻しますと、




「琥珀」と書かれた看板を発見!!




なにやら、隣には飯館村の物産販売が!



いやー、今日は時間がないから、食べて、自治会長さんにご挨拶して帰ろうとさっそくお店へ




中は、昼時日本列島なので、混雑してまして




でも、親切に対応をしていただきました。




バリアフリー!すてき♡




さっそくメニューを見る



いっぱいあるー




餃子やの娘だった私は、やっぱり手作り餃子がきになるー



その前に、イタリアイケメン大和田さんからお薦めのメニューを聞いていたので




迷うことなく「琥珀ラーメン!」と注文できました!




優柔不断の私としては、聞いててよかった!




まさか石井食堂再びになるかもと、心のどこかで思いつつも





待っている間に、満席状態に




ちょうど、老夫婦が入店し、一人で食べるのもさみしいので、一緒に食べませんか?と相席をお願いしたら快くOKいただきました。






そこから、おじいちゃん、おばあちゃんと花めぐりの旅の話を聞きながら、楽しくトークをし、ラーメンを待つこと




10分




キターーーーー





だーーーーーー!おいしそーーーーー!




が!?




やっぱり、この量・・・・すごい





葛尾村の石井食堂、飯館村の琥珀 双方すごい量





お向かいの老夫婦のチャーシューメンも相当な量




これは、伸びる前に喰わねば、スープを含んだらアウト!




しかも、パーコー麺なので、超高カロリー




今日は、残業予定だし、いつ運動すんべ




いや、それより食えるかな




こんなとき、アイツ(大食いの友人)がいればと良く思う



と思いつつ一気にラーメンを吸い上げる!




ラーメンは飲みものです!と言わんばかりにがんばりました。





その後も、ご夫婦と琥珀のご主人と先日の「命をつないだおにぎり」の話に




琥珀のご主人は、自治会長さんと同級生!ということで、




自治会長さんにはタイムアップでお会いするのは難しかったので





「また来ます」と伝言をお願いし、琥珀を後にいたしました。





みなさんもお近くをお通りの際はぜひ!




松川第一仮設住宅内にあります!コピーしてくださいね!
http://www.fukushimaya-shoten.jp/blog/fukushimaya/a_id/222/





ちなみに石井食堂も
http://yumesoso.jp/yutadosa/archives/4312.html




一緒に食べた、二本松のご夫婦はとても仲が良く、笑顔のやさしい方々でした。




花の季節に二人で県内を巡っているそうです。




うちの近くのカタクリの群生を教えたので、再会できれば嬉しいですね!




お腹だけでなく、心も満たされた昼下がりでした。




おいしくて、安くて、太るランチの物語でした。





ただし、このあとは夜中まで仕事でしたので、きっとカロリーを消費したに違いない!




ご飯食べられなかったし




PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 520 | 519 | 518 | 517 | 516 | 515 | 514 | 513 | 512 | 511 | 510 |
プロフ
HN:
Meg3
性別:
女性
職業:
カリスマオフィサー
趣味:
photo(Canon EOS user)
自己紹介:
出身・在住 福島県
幼少はオルガン・書道・バレエと文化系で体も弱く運動が苦手でした。小学3年で担任の先生にテニス・卓球などいろ②教えてもらいスポーツ少女へ。小4でバスケに出会い高校までバスケをしていました。
平成2年6月車に飛ばされ車椅子になりましたが、車椅子になってもバスケットボールができることを知り競技の道へ。

1999年三上監督率いる女子車椅子バスケットボールチームは福島大学人類文化白石先生のメンタルトレーニング指導を受け、2000年シドニーパラリンピックでは目標どおりの銅メダルを獲得しました。
※白石豊先生は、福島大学教授。メンタルトレーニングの第一人者。ゾーン、ゴールデンエイジなどの言葉を生んだ方です。門下生には、日本人女性初のWNBAプレイヤー萩原美樹子氏、バンクバーオリンピックスピードスケートパシュート銀メダリスト田畑真紀選手、元日本ハムファイターズコーチ白井一幸氏、FIBAワールドカップ南アフリカ大会日本代表岡田武史監督など、著名な方々を多数みてらっしゃいます。

経歴:
1992年3月車椅子バスケットボールを見学、以後半年以上ただ見学
1992年9月福島県身体障害者スポーツ協会主催の車椅バスケットボール教室にて三村一郎先生(長野県障害者スポーツ協会理事長)と出会い選手の道へ
1993年1月JWBF選手登録
1994年ゴールドカップストークマンデビル大会代表デビュー(7位)
1996年アトランタパラリンピック出場(5位)
1998年ゴールドカップシドニー(4位)
2000年シドニーパラリンピック(銅メダル)
2002年ゴールドカップ北九州(4位)
2004年アテネパラリンピック(5位)
2005年腰椎の疲労骨折により代表引退
2008年北京パラリンピック(4位)代表復帰
2010年ゴールドカップ バーミンガム代表(7位)
2011年ロンドンパラリンピックAOZ予選(3位)
2015年リオパラAOZ予選(3位)
2015年現役引退
職業:団体職員
(公財)福島県障がい者スポーツ協会

役職:
(一社)日本パラリンピアンズ協会理事
福島県障がい者スポーツ指導者協議会事務局
福島県障がい者スポーツ支援ネットワーク理事
ふくしまchallenged sports club代表
特技:車椅子バスケットボール
趣味:美味しいものを食べ歩き、カメラ(Canon 7D user)

一番好きな曲:What A wonderful world.

家族:チャアコ,マーレ,バディ(dog's)メソ,ゴマ,アテ,モコ,アイナ,ニャークロ,グランディス,アバレンボウ,ギントキ,ロング,アメニ,ジンジャー,モウ(cat's)カーコfamily&チュンチュコチュンfamily(bird's)

※ブログ上の文章・画像について、許可なく転載禁止でございます☆
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
イイネ♪
松本紀生著書
アラスカで出会った写真家松本さん、マッキンリーでカマクラ掘ってオーロラを撮り続けています。
Amazon送料無料
カウンター
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny